HOME » インプラント手術の方法まとめ~最新治療も特集!~ » 埼玉でフラップレスインプラントが受けられる歯科【名医特集】

埼玉でフラップレスインプラントが受けられる歯科【名医特集】

埼玉でインプラントを扱っているクリニック65院を徹底リサーチ!

フラップレスインプラント(切らないインプラント・無切開インプラント)を受けるなら真っ先に検討したい、名医がいるクリニックを厳選しました。おすすめクリニックの名医情報や口コミ・評判をまとめています。

名医在籍!フラップレスインプラントを扱っている埼玉の歯科3選

浅賀歯科医院

名医×チーム医療でクオリティの高いフラップレスインプラントを提供

浅賀歯科医院公式サイトキャプチャ

理事長である浅賀医師をはじめ、インプラントの名医が多数在籍する浅賀歯科医院。さらにインプラント専門カウンセラーや常駐の技工士が一丸となってインプラント治療にあたる「チーム医療」を実践しています。そのため、常にレベルの高いインプラント治療を提供できるのです。

院内には大学病院レベルの設備を備えた専用オペ室を用意。フラップレスインプラントには欠かせない歯科用CTも完備しており、高精密なCT画像を3Dで撮影できます。

浅賀歯科医院ではインプラント専門医の浅賀医師による無料カウンセリングを行っています。埼玉でフラップレスインプラントを考えている方は、まずはこちらで無料相談してみるのがいいかもしれません。

浅賀歯科医院の名医紹介:浅賀 寛医師

理事長を務める浅賀寛医師は、国内でも名の知れたインプラント治療の名医。埼玉県内ではわずか10人しかいない、日本口腔インプラント学会の専門医・指導医の一人です。

30年以上インプラント治療に携わってきた実績があり、知識・技術・経験ともに申し分ありません。フラップレスインプラントのような高度な技術が要される治療も得意にしています。浅賀先生がいるクリニックでインプラント治療を受けるため、遠方からわざわざ足を運ぶ患者が多数いるほど。

また「患者にとって最良の歯科医療」を提供することを何より重視しており、カウンセリングやアフターケアにも注力されています。

浅賀歯科医院の口コミ・評判

浅賀歯科医院の基本情報

所在地 埼玉県越谷市南越谷1-1-57
アクセス JR武蔵野線「南越谷駅」、東武伊勢崎線「新越谷駅」から徒歩3分
東京外環自動車道「川口東IC」出口から7.4km(駐車場:10台+優先専用駐車場完備)
診療時間 平日:9:30~13:00/15:00~19:00
土曜:9:30~13:30/15:00~18:00
休診日 日曜・祝日
オペ室の有無 大学病院レベルの設備を揃えた、インプラント専用オペ室を完備

山本歯科

700件以上の口コミが寄せられる、地域密着型のインプラントセンター

山本歯科公式サイトキャプチャ

開業から25年以上の歴史をもつ、草加市に密着した歯科医療の提供を行う山本歯科。豊富なインプラント治療の症例数を誇り、症例数だけで言えば全国でもトップレベルです。全国のクリニックを掲載しているインプラント治療のポータルサイト「インプラントネット」では、700件を超える口コミが寄せられています。

特徴は、無痛治療へのこだわり。笑気麻酔と局所麻酔の併用で痛みを最低限に抑えることで、治療のストレスや外科手術への恐怖心を緩和。患者がリラックスして手術を受けられるように尽力しています。

フラップレスインプラントも扱っているようですが、公式サイトに詳しい説明はありませんでした。詳細はカウンセリングを受けて確認してみてくださいね。

山本歯科の名医紹介:山本 英夫医師

インプラント治療の執刀は山本歯科の院長・山本英夫医師自ら担当しています。

山本医師はインプラントがまだ普及していない1993年から、世間に先駆けてインプラント治療に携わってきたベテラン医師。その技術力は自他ともに認められており、ITIインプラント認定医・ストローマンインプラント認定医といった資格も保有しています。

歯科治療は患者との二人三脚である、という考えから丁寧なカウンセリングを実施。可能な限り複数の選択肢を提示し、患者にとってベストな治療を提供できるように心がけているそうです。

山本歯科の口コミ・評判

山本歯科の基本情報

所在地 埼玉県草加市金明町665-10
アクセス 東武伊勢崎線「新田駅」から徒歩5分
東京外環自動車道「川口東IC」出口から4.6km(駐車場:6台)
診療時間 月曜・火曜:12:00~19:00
水曜・金曜:10:00~13:00/14:30~19:00
土曜:10:00~14:30
休診日 木曜・日曜・祝日(祝日のある週は木曜診療)
オペ室の有無 完全個室のオペ室を完備

あべひろ総合歯科

専門医レベルの医師が行うフラップレスインプラント

あべひろ総合歯科公式サイトキャプチャ

あべひろ総合歯科では安全でストレスフリーなインプラント手術を目指し、ノーベルガイドシステムを導入しています。このテクノロジーによってフラップレスインプラントが可能に。

インプラント手術を担当するのは専門医レベルの技術と知識を有する院長・阿部ヒロ医師。設備においてはクリーンな環境が保たれたインプラント専用オペ室を完備しています。

また、患者満足度の高さもあべひろ総合歯科の特徴の1つ。2013~2014年に実施した患者アンケート調査で、満足度91.1%を達成したそうです。コメントでは優れた技術力だけでなく、丁寧な説明や充実した設備を評価する声も多く挙げられています。

あべひろ総合歯科の名医紹介:阿部 ヒロ医師

院長を務める阿部ヒロ医師は、「常に一流であること」を目指す勉強熱心なドクターです。

国内外問わずインプラント治療の研修・セミナーに多数参加。その数は80以上にも及びます。そのなかにはフラップレスインプラントに関する研修プログラムが含まれた「ノーベルバイオケアadvance Step-Up Program」も。

インプラント歴は約20年、累計インプラント埋入本数は3,000本を超えています。高度な技術が要されるフラップレスインプラントですが、阿部医師なら安心して任せられるでしょう。

あべひろ総合歯科の口コミ・評判

あべひろ総合歯科の基本情報

所在地 埼玉県三郷市早稲田2-2-8
アクセス JR武蔵野線「三郷駅」から徒歩1分
常磐自動車「三郷JCT」出口から7.6km(駐車場:6台)
診療時間 平日:10:00~21:00
土日:10:00~19:00
休診日 祝日
オペ室の有無 常に清潔に保たれた、インプラント専用オペ室を完備

そもそもフラップレスインプラントとは?

通常のインプラント手術はメスを使って歯茎を切開し、顎の骨にドリルで穴をあけてインプラントを埋入します。ですが、フラップレスインプラントなら切開の必要がありません。

フラップレスインプラントではCT撮影といった事前の精密検査とコンピューターによるシミュレーションを行ってインプラントガイド(サージカルガイド・サージカルテンプレート)を作製。この器具に沿って歯茎に直径4mmほどの小さな穴をあけ、そこからインプラントを埋め込みます。

こちらではフラップレスインプラントのメリット・デメリットや費用相場を分かりやすく解説していきます。

フラップレスインプラントのメリット

ダウンタイムが圧倒的に少ない

通常のインプラント手術でも局所麻酔や静脈麻酔を用いるため痛みはほとんどありませんが、そのダメージから術後の腫れや痛みといったダウンタイムは避けられません。

フラップレスインプラントの魅力は、歯茎を切開しないためダメージを最小限に抑えられること。手術時の出血がほとんどなく、術後の腫れや痛みも大幅に軽減できます。

手術が怖い人におすすめ

「インプラントにしたいけど手術が怖い…」という人には、フラップレスインプラントがとくにおすすめです。

治療にはメスを用いませんし、切開しないので縫合も必要ありません。インプラントガイドを用いて手術を進める分、手術時間も短くなります。通常のインプラント手術と比べると恐怖心はだいぶ薄れるはず。

まずはカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

フラップレスインプラントのデメリット

適応可能な症例が限られている

フラップレスインプラントは誰でも受けられるわけではありません。いくつかクリアしなくてはならない条件があります。

フラップレスインプラントが受けられるかどうかは検査を受けなくては分かりません。まずはクリニックでカウンセリングを受けてみてくださいね。

医師の高度な技術と整った設備が必要

フラップレスインプラントは歯茎を切開しないため、実際に骨の状態を見ずに行われます。そのため、通常のインプラント手術以上に医師の腕が要されます。技術・知識・経験、どれも欠かせません。

また、骨の状態を撮影して正確なインプラントガイドを作るための高精密な歯科用CTも必要です。

クリニックを選ぶ際は名医が在籍する、インプラント治療に特化したクリニックを選んでくださいね。

フラップレスインプラントの相場・費用目安

フラップレスインプラントの費用相場は35万~50万円ほど。通常のインプラント手術の相場が30万円~と言われていますので、少し割高な費用感となっています。

フラップレス手術の場合インプラントガイド(サージカルガイド・サージカルテンプレート)と言われる器具や精密なCT撮影が必要になるため、その分コストがかかるのです。

フラップレスインプラントの流れ

  1. 精密検査・CT撮影
    フラップレスインプラントに適応できるかを確認し、クリアすればCT撮影やレントゲンを行います。とくにCTはインプラントガイドを作製するための重要なデータとなります。
  2. インプラントガイドの作製
    CTでの3Dスキャンデータをもとにインプラントガイドを作製します。インプラントガイドとはインプラントを埋入する箇所に穴が開いている、マウスピース型の器具です。
  3. 手術
    インプラントガイドの穴の位置に沿って直径4mm程度の小さな穴をあけてインプラントを埋入します。切開しないため出血はほとんどありません。
  4. 最終的なかぶせものの装着
    インプラントが骨に定着したら人工歯(かぶせもの)を装着します。フラップレスインプラントは通常と比べて傷の治りが早く、人工歯の装着までの期間が短いのが特徴。また状態次第では手術と同時に仮歯や人工歯を装着することもあります。
  5. メンテナンス
    術後はインプラント歯周炎のリスクを防ぐため、定期的な検診とメンテナンスが必須。定期的はだいたい3~6か月間隔で行われます。