インプラントと差し歯の違い

インプラント治療を検討している人の中には、「インプラントと差し歯の違いが分からない」と思っている人もいるでしょう。インプラント治療と差し歯治療は、実はまったく異なる治療です。こちらでは治療の違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

インプラント治療

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に金属などでできたインプラント体を埋め込み、そのうえから人工歯を被せる治療方法です。顎の骨とインプラント体が定着するまで、上顎なら4~6か月ほど、下顎なら2~4か月かかるので、治療は必然的に長期間にわたります。

差し歯治療との明確な違いは、優れた審美性と天然歯と変わらない噛み心地です。見た目では天然歯と人工歯の区別がつかないほど。噛み心地も自然で、自分の歯のように使うことができます。

インプラント治療のメリット

インプラント治療はほかの歯を削る必要がないので、天然歯に負担をかけずに済みます。天然歯は削ることで脆くなり、歯の寿命を縮めてしまいます。治療で負担を与えることなく、大切な歯を長持ちさせられるのはうれしいポイントといえるでしょう。

また、インプラント体を顎骨にしっかりと固定するため、違和感なく噛むことができます。噛む力が回復し、硬いものも安心して噛めるようになるので、今まで以上に食事を楽しめるようになります。

さらに、インプラントは審美性に優れており、天然歯に近い自然な仕上がりを実現できます。見た目にも違和感がないので、前歯の治療にもおすすめです。

インプラント治療のデメリット

歯茎を切開してインプラント体を埋め込む…といった外科手術が必要なので、年齢に伴い体力が落ちている人は治療ができない場合があります。また、埋入する部分の骨が薄い場合は治療が難しく、顎の骨の厚みを増やす「骨造成」などの補助施術が必要になるケースもあります。

また、インプラント治療は保険適用外なので、高額な治療費がかかるのが大きなデメリット。クリニックによっては分割払いやデンタルローンに対応しているので、まずは相談してみるのがおすすめです。

差し歯治療

差し歯治療は、多くの歯質を削り神経を取った部分に、コアと呼ばれる支台を挿入して土台を作り、そのうえから被せ物をする治療方法です。虫歯を治療する際は、こちらの差し歯治療を行うのが一般的です。

インプラントとは違い、歯の根元が残っていなければ治療は行えません。そのため、重度の虫歯だったり、歯の根元を抜く処置が必要になる場合は、インプラント治療や入れ歯、ブリッジなどの治療を検討する必要があります。

また、インプラント治療は完了までに6か月程度かかりますが、差し歯は1か月程度で治療が完了します。

差し歯治療のメリット

差し歯治療は、被せ物の種類によって保険適用が可能です。保険診療の場合、硬質レジンという材質を採用しています。硬いプラスチックで出来ており、噛む力が加わると微妙に変形してくれるので割れにくいのが特徴です。変色は早めですが、保険が適用されるので「費用を抑えたい」という人に向いています。

また、虫歯や根管治療が長引かなければ、1か月程度と比較的早く治療が終わるのも魅力です。根元の歯は残っているので、口腔内の違和感もほとんどありません。

差し歯治療のデメリット

保険適用の差し歯治療は、インプラントに比べて耐久性が低く、強く噛み合わせる奥歯などには向いていないのがデメリット。また、年数が経つごとに少しずつ黄ばみが目立ってきます。

より審美性に優れた素材もありますが、こちらは保険適用外で安くても数万円から。セラミックのような美しい仕上がりを希望する場合は、1本あたり10万円程度と高額になってしまいます。

インプラント治療と差し歯治療どちらの方が良いのか

インプラントと差し歯には、それぞれメリットとデメリットが存在します。また、この2つの治療法は、どちらも失くしてしまった歯を補うことを目的としていますが、自身の歯の根元が残っているかによって治療の可否が分かれるという違いがあるのです。ただし、インプラントの場合は歯や根元が残っている状態でも、抜歯を行えば治療ができます。一方で、差し歯治療は根元がない状態では治療ができません。

また、インプラントは保険適用外の治療ですが、差し歯は採用する素材によって保険の適用も可能です。

どちらの治療方法が良いかは、自身の希望や口腔状態によっても変わってきます。まずはカウンセリングを受け、それぞれの治療方法の違いを知ったうえで、自身に最も合った治療方法を選択するのが最善です。

【早見表】頼りになる!
埼玉県のインプラント歯科4選

埼玉県で「指導医」がいる歯科医院4院(2020年2月時点)を紹介。そのなかでも、継続的かつコンスタントに治療を行っていることが重視される日本口腔インプラント学会認定の専門医・指導医まで取得しているかがポイントです。資格に加えて、以下の項目についても調査しました。

  • 対応力…インプラント患者の8割が必要な骨をつくる手術に対応しているか。
  • 痛み対策…静脈内鎮静法を取り入れているか。
  • 正確性…フリーハンドではなく、手ブレの影響を受けない手術用ガイドを使っているか。


※日本口腔インプラント学会認定の資格有無

                                               
資格※ 対応力 痛み対策 正確性
浅賀歯科医院

公式HPを見る

専門医
指導医
たけまさ歯科

公式HPを見る

- -
安藤歯科医院

公式HPを見る

専門医 -
みさわ歯科

公式HPを見る

- - -
埼玉東部名医のいる安心してインプラント治療ができるクリニック
実績で選ぶインプラントが評判のクリニック