費用

ここでは、インプラント治療にはどのくらいかかるのか費用相場を解説。医療費控除や保険適用の有無などお金に関する内容がわかります。

インプラント治療にかかる費用相場

インプラント1本の費用相場としては、30万円~50万円と言われています。保険適用がなく、自費診療となりますので費用は入れ歯やブリッジと比べると高額になります。

それは、安全な手術を行うために細かく検査を行いますし、麻酔を用いて外科的な手術が必要となるからです。ある機関が全国の歯科医院に調査したデータによると、インプラント治療の平均価格は30数万円だったそうです。

これは、患者さんの歯の状態に応じて変わってきますが、1本に対しての目安がわかる結果です。

インプラント治療1本を行った場合の内訳
検査と診察料 1万円~5万円位
手術代 10万円~40万円位
人工歯の値段 10万円~15万円位
メンテナンス
費用
5千円~1万円位

クリニックによって費用が違う理由はなぜ?

クリニックによって使用するインプラントの種類や検査と手術に使う機材・器具なども違います。また、患者さんの状態はひとりひとり違います。術前に骨を増やす治療などがある場合は治療費が増えますし、簡単に1本いくらという価格表記はできません。

安い治療がウリのクリニックは要注意!

注意しなければならないのは、目先の治療費の安さだけで選ばないで欲しいということです。病院の設備や医師の技術、感染などのトラブル対応など、クリニックによってレベルが違ってくるからです。

せっかくインプラントを考えるなら、安全性が高くて失敗しない治療を行いたいですよね。1本10万円以下などを売り文句にしている安さ勝負のクリニックに飛びつかない方が良いかと思います。

医療費控除や保険適用ができる可能性もアリ

インプラントは一般的に健康保険の適用ができませんが、平成24年から一部適用が認められました。それは、病気やケガによって顎の骨を失ってしまった場合です。こういった条件に該当している場合は医師に相談してみましょう。

それ以外の方は自費診療となりますが、「医療費控除」を受けることができます。年間10万円以上かかった場合、税金の一部が還付されます。

確定申告で費用が少しでも戻ってくると助かりますよね。こちらを利用する場合は、領収証が必要ですので保管をしておきましょう。

医療費控除とは?

そもそも医療費控除とは、1年間のうちに医療費が10万円を超えた場合に、医療費の一部が還付される制度を指します。医療費は病院で支払った治療費用だけでなく、治療前の検査や診断料、薬代や交通費なども含まれます。自身のほかに生計を共にする家族が支払った医療費も、医療費控除対象として申請可能です。

保険適応外の自由診療であるインプラント治療は、虫歯や歯周病などのように健康保険を使用できる歯科治療よりも費用が高くなります。しかも、自由診療は歯科医院が治療費を設定できるため、どこに通うかで治療費も異なるでしょう。高額になりがちなインプラント治療ですが、一定の医療費を支払った場合は医療費控除の対象になり、医療費の一部が還付されることがあります。医療費控除を受けられれば、経済的負担も軽減可能です。ただし、治療を目的としたインプラント治療は医療費控除の対象となりますが、審美目的の治療は健康保険と医療費控除のどちらも対象外となるため注意が必要です。

また、インプラント治療インプラント治療にかかった費用の全額が医療費控除の対象になります。ただし、金利や手数料は医療費控除の対象外。また、分割払いの場合はその年に支払った金額のみ医療費控除の対象となります。

医療費控除の手続き方法

医療費控除の手続きを行うには、翌年の確定申告の時に最寄りの税務署へ行かなければなりません。また、事前登録を済ませていれば、国税電子申告・納税システムである「e-Tax」を利用してパソコンから電子申告することも可能です。

税務署での手続きは、確定申告書への記入をして、医療費としてかかった領収書と明細書、源泉徴収票や申告者の口座番号と印鑑などを提出します。通院の交通手段として公共交通機関を利用した場合は、領収書を入手できないこともあるかもしれません。その際には、公共交通機関を利用した日付と区間、金額のメモでも証明可能です。

税務署には確定申告書のほかにも、医療費明細書や領収書を入れる封筒など、申請に必要な書類がすべて手に入るため、安心して利用できるでしょう。

控除される費用の計算の仕方

1年間で支払った医療費の合計が10万円以上の場合、確定申告で医療費控除の申請を行えば、所得税の返還ならびに翌年度の住民税減額を受けられます。

例えば、医療費の合計が40万円、保険金などによる補填が0円、総所得が600万円の場合は、40万円−0円−10万円に20%を掛けた6万円が所得税の返還額です。また、先程の計算に10%を掛けた額である3万円が、住民税減税となります。よって、合計9万円が医療費控除として戻ってくるのです。

インプラント治療前の検査にかかる費用相場は?

検査ではまず現在の口腔内の状況を確認し、トラブルや別の病気の可能性があれば追加で検査を行います。

追加検査の有無や内容によって費用は変わりますが、基本的な相場は埼玉なら10,000~50,000円ほど。ですが、虫歯や歯周病などが見つかると治療費用が加算されます。検査ごとの費用相場を詳しく見ていきましょう。

口腔内検査・歯周病検査の費用相場

費用相場は5,000円~。クリニックで行っている検査の種類や患者の口腔内の状況によって異なるので、一概にいくらとは言えません。クリーニングや治療が必要な場合は費用が高額に。たとえば虫歯の治療を行った場合は1,500~5,000円ほど、歯の模型を作製する場合は10,000円ほど追加でかかります。

口腔内検査は、歯科のどんな治療でも最初に行われる検査です。口腔内の衛生状態、虫歯の有無、噛み合わせ、唾液などさまざまな検査を行います。磨き残しや歯石、歯茎の溝に汚れが溜まっている場合などは歯ブラシや歯科用器具を用いてクリーニングを実施。クリーンな状態でインプラント治療が受けられるようにします。

歯周病検査では歯茎・歯肉の状態を確認して歯周病の有無をチェック。歯周病はインプラントの寿命に大きく関わるため、必ず治療してからインプラントを行います。

レントゲン撮影・CT検査の費用相場

歯科用CTで口腔内を撮影し、顎の骨の状態を高さや幅、神経の位置まで詳しく確認。また歯周病がある場合はCT検査で進行状況もチェックします。

費用はインプラント手術に含まれている場合もあれば、検査時に支払うケースも。金額は数千円~20,000円ほどで、撮る枚数やクリニックの金額設定によって幅があります。

一般的に口腔内検査・歯周病検査と同時に行われることが多く、検査費用と撮影費用を合わせると相場は9,000円~25,000円ほどになります。

血液検査の費用相場

インプラント治療の前には血液検査が行われることもあります。目的は患者自身が把握していない病気がないかを調べること。また糖尿病や腎臓・肝臓の疾患の状態、外科手術を行える身体状況・体調かの確認など。

血液検査の相場は10,000~20,000円程度。少し高額にはなりますが、手術の安全性を高めるには、血液検査を行うのが賢明です。また、病気の早期発見にも繋がるかもしれません。

血液検査で一般的に「インプラントリスクチェッカー」という方法が用いられます。通常の血液検査の150分の1の量で検査が可能。専用の検査センターで解析され、病院で受ける血液検査同様のデータが確認できます。

【早見表】頼りになる!
埼玉県のインプラント歯科4選

埼玉県で「指導医」がいる歯科医院4院(2020年2月時点)を紹介。そのなかでも、継続的かつコンスタントに治療を行っていることが重視される日本口腔インプラント学会認定の専門医・指導医まで取得しているかがポイントです。資格に加えて、以下の項目についても調査しました。

  • 対応力…インプラント患者の8割が必要な骨をつくる手術に対応しているか。
  • 痛み対策…静脈内鎮静法を取り入れているか。
  • 正確性…フリーハンドではなく、手ブレの影響を受けない手術用ガイドを使っているか。


※日本口腔インプラント学会認定の資格有無

                                               
資格※ 対応力 痛み対策 正確性
浅賀歯科医院

公式HPを見る

専門医
指導医
たけまさ歯科

公式HPを見る

- -
安藤歯科医院

公式HPを見る

専門医 -
みさわ歯科

公式HPを見る

- - -
埼玉東部名医のいる安心してインプラント治療ができるクリニック
実績で選ぶインプラントが評判のクリニック