インプラントと歯ぎしり・食いしばり

寝ている間に無意識に行われる歯ぎしりや食いしばりは、インプラントをダメにしてしまいます。歯ぎしりや食いしばりが引き起こす問題や予防法などをチェックしていきましょう。

歯ぎしりや食いしばりが引き起こす問題

インプラントがダメになる

インプラントは天然歯とは異なり、歯根膜というクッションの役割を果たす部位が存在しません。そのため、歯ぎしりや食いしばりによる力が直接加わってしまいます。実際に、インプラントがダメになる原因で多いのは、歯ぎしりや食いしばりによるダメージです。金属性の被せ物であっても、歯ぎしりや食いしばりによってどんどん削れていきます。

インプラントがダメになるのですから、詰め物はもっと簡単にダメになってしまうでしょう。詰め物の下が虫歯になっていないのに、何度詰め直しても頻繁に外れてしまう場合は、歯ぎしりや食いしばりが原因である可能性が非常に高いようです。

知覚過敏や歯周病を起しやすい

歯ぎしりや食いしばりによって強い力が加わると、歯と歯茎の境目に負荷が集中し、くさび型欠損を引き起こします。エナメル質が破壊されて象牙質が剥き出しになり、虫歯になりやすく、歯がしみやすくなるのです。そのままにしておくと神経が死んでしまう可能性があるため、早めの対策が必要となります。

また、歯ぎしりや食いしばりによって歯にダメージが加わると、歯周病菌による炎症はなくても歯槽骨が徐々に失われていきます。歯ぎしりや食いしばりによって歯槽骨がダメージを受けている状態では、歯周病が改善しにくいケースも多いようです。

歯ぎしりや食いしばりを防ぐ方法

噛み合わせ治療

歯ぎしりや食いしばりを起こす原因の1つに、噛み合わせの悪さが挙げられます。そのような場合には、噛み合わせを調整することにより歯ぎしりや食いしばりを緩和できます。

噛み合わせに問題があると肩こりや腰痛、頭痛といった全身症状も併発しやすいため、治療を検討したほうが良いでしょう。

ボトックス治療

ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質を緊張状態の筋肉に注射することにより、一時的に緊張をほぐすことが可能です。歯ぎしりや食いしばりなどの症状を抱えている人は、食べ物を噛む時に使われる筋肉が緊張し、必要以上に発達している可能性があります。この筋肉が肥大すると、顎の痛みや頭痛、エラ張りなどの症状を引き起こすため、ボトックス注射で症状を緩和させるのが良いでしょう。

また、ボトックスにはアセチルコリンの作用を抑制する働きがあり、無意識のうちに働く筋肉の動きも防止できます。

咀嚼筋マッサージ

咀嚼筋マッサージは、緊張している筋肉を解すことでリンパの流れを促進し、顔の歪みも改善していくマッサージです。歯ぎしりや食いしばりを起こす人は、口周りの筋肉がとても緊張しています。筋肉の緊張は、肩や腰などほかの部位にも悪い影響を与えるので、緊張を和らげるために口周りのマッサージをしてリラックスさせるのが有効的です。

また、歯ぎしりや食いしばりの改善だけでなく、目の周りの筋肉の緊張も緩和できます。

スプリント療法(ナイトガード)について

スプリント療法(ナイトガード)とは?

スプリント療法とは、就寝時にプラスチックもしくはゴム製のマウスピースを使用し、歯や顎関節にかかる負担を軽減する治療法です。このマウスピースは「ナイトガード」と呼ばれ、歯科医院により形が多少異なります。一般的には透明なマウスピースで、上顎の歯のみ覆うものです。

厚さは0.5mm~1.0mm程度で、歯ぎしりなどの力が弱い人はナイトガードのすり減りもほとんどなく、1~2年ずっと同じナイトガードを使用可能。一方で歯ぎしりや食いしばりの力が強い場合、ナイトガードは修理ができないため、2~3か月のペースで交換しなければなりません。

スプリント療法は保険が適用となり、約5,000円で受けられます。もちろん交換の際には都度料金が発生しますので、必要な方は検討してみてください。

スプリント療法(ナイトガード)のメリット

スプリント療法に使用するナイトガードは取り外しが自由のため、毎日のデンタルケアが簡単に行えます。歯に装置を固定する必要がなく、磨き漏れを防ぐことも可能です。

ナイトガードは歯にかかる力を分散させてくれるため、一部にだけ力が偏るのを防げます。また、関節にかかる負担が軽減され徐々に下顎の状態が安定してくるでしょう。

スプリント療法(ナイトガード)のデメリット

スプリント療法を始めたばかりの時には、ナイトガード装着中に違和感を覚えることがあります。発音しにくい、なかなか寝付けないなどの問題が生じるかもしれません。また、口内の汚れが付きやすいため、常に清潔な口腔状態を保つ工夫が必要です。

まとめ

歯ぎしりや食いしばりはインプラントをダメにするだけでなく、歯周病や虫歯を引き起こしたり、肩こりや頭痛といった全身症状を引き起こしたりします。また、インプラントに装着するセラミックが欠けてしまうと、ネジの緩みを引き起こす原因にもなるため注意してください。インプラントや被せ物の負担を軽減するためにも、インプラント治療前後はスプリント療法を受けると良いでしょう。

【早見表】頼りになる!
埼玉県のインプラント歯科4選

埼玉県で「指導医」がいる歯科医院4院(2020年2月時点)を紹介。そのなかでも、継続的かつコンスタントに治療を行っていることが重視される日本口腔インプラント学会認定の専門医・指導医まで取得しているかがポイントです。資格に加えて、以下の項目についても調査しました。

  • 対応力…インプラント患者の8割が必要な骨をつくる手術に対応しているか。
  • 痛み対策…静脈内鎮静法を取り入れているか。
  • 正確性…フリーハンドではなく、手ブレの影響を受けない手術用ガイドを使っているか。


※日本口腔インプラント学会認定の資格有無

                                               
資格※ 対応力 痛み対策 正確性
浅賀歯科医院

公式HPを見る

専門医
指導医
たけまさ歯科

公式HPを見る

- -
安藤歯科医院

公式HPを見る

専門医 -
みさわ歯科

公式HPを見る

- - -
埼玉東部名医のいる安心してインプラント治療ができるクリニック
実績で選ぶインプラントが評判のクリニック