HOME » 【春日部】インプラント治療が評判の歯科クリニック特集 » みさわ歯科インプラントセンター春日部

みさわ歯科インプラントセンター春日部

ここでは、埼玉県の春日部にある「みさわ歯科インプラントセンター春日部」について特徴をまとめました。

年間800本以上という確かな実績

その名の通り、インプラントに特化した多くの実績があるクリニックです。年間800本以上のインプラント埋入症例を誇る院長をはじめ、他にも知識の深いドクターがいらっしゃいます。このクリニックでは完全担当医制となっており、患者さんが安心して相談しやすく、治療に専念できます。1階と2階に分かれた広々とした診察ユニットや個室診察室、インプラント専用手術室も完備。プライバシーのことも大事に配慮されています。

また、撮影から診察までその場ですぐに行える歯科用CTを導入し、スピーディーに正確な検査をすることが可能です。設備と技術力もあるクリニックということです。

治療費の目安

白い歯の場合(1本):40万円(上部構造:20万円、インプラント体20万円)。銀歯の場合(1本):30万円(上部構造:10万円、インプラント体:20万円)。オールオンフォーの場合:上部構造とインプラント体で220万円です。

アフターフォロー(保証期間)

インプラントには10年保障が付帯。万が一、不具合があった場合には無料で再治療ができる内容です。被せ物についても治療後5年以内は保証対象内です。年1回の定期メンテナンスを受け、詳しいメンテナンスカードに状況を記入している方のみが条件です。

ドクターの紹介

院長の三澤医師は明海大学歯学部卒業後、アメリカへ留学。インプラントセンターなどの勤務を経て、みさわ歯科インプラントセンター春日部開業。他のクリニックからインプラント手術の依頼を受け、出張オペも行っているほどの実力があります。

三澤篤

東埼玉人工歯根研究会の主幹。歯科医師臨床研修の指導医、ストローマンインプラントの指導医を勤めています。 南カリフォルニア大学に留学経験あり。

大沢大

常勤歯科医師。ミサワデンタルクリニック院長。ブローネマルクインプラント認定医を取得。ストローマンインプラント認定医を取得。

新潟大学歯学部卒業後、新潟大学医歯学総合研究科組織再建口腔外科分野硬組織形態分野を卒業。博士(歯学)の博士号を取得。

井上雄介

常勤歯科医師。インプラントセンター長。ブローネマルクインプラント認定医を取得。ストローマンインプラント認定医を取得。明海大学歯学部を卒業。

古川健一郎

常勤歯科医師。口腔外科認定医を取得。日本口腔外科学会に所属。鹿児島大学歯学部を卒業。

半沢啓

常勤歯科医師。東北大学歯学部を卒業。

斉藤功

常勤歯科医師。新潟大学歯学部を卒業。

永田一貴

常勤歯科医師。日本大学歯学部を卒業。

加藤恭子

矯正担当歯科医師。日本大学松戸歯学部を卒業。Roth/Williams Study Clubの会員。日本矯正歯科学会の会員。日本大学松戸歯学部矯正講座の5年間研修課程を修了。Roth Philosophyの2年間コース、8期生を卒業。

三村千春

矯正担当歯科医師。日本矯正歯科学会に所属。東北矯正歯科学会に所属。日本顎変形症学会に所属。奥歯大学歯学部を卒業。奥歯大学大学院を修了。『FR3を適用したⅢ級不正咬合者の筋活動の変化と姿勢の関連性』『FRIIIを適用したIII級不正咬合者の筋活動の変化と姿勢の関連性』『歯科矯正用アンカースクリューを用いた開咬を伴う下顎後退による上顎前突症例』などの論文を執筆。

みさわ歯科インプラントセンター春日部の手術について

価格と性能の両方の視点から厳選した、3社のインプラントを使用。通院回数6回程で、インプラント治療が完了します。みさわ歯科インプラントセンター春日部で、インプラント治療を施した最高年齢の人は89歳。骨が無いなどの理由で、他の病院で断られた人のインプラント治療もおこなっています。

施術の流れ

1.問診・検査・治療計画

悩みや要望、今までの歯の治療歴などについての問診がおこなわれます。その後、口腔内全体を撮影できるレントゲンと、骨量や顎の骨の形を立体的に把握できるCTを使い検査。歯周炎、歯槽膿漏、虫歯などの有無、骨や粘膜の状態を調べ、治療に取りかかれる状態かどうかを診察。治療計画がたてられます。

2.第一次治療

無菌状態にした手術室で、滅菌された医療器具を使用し、医師や歯科衛生士も十分に消毒。感染源を取り除いた状態で、治療がおこなわれます。

先ずは局所麻酔。電動麻酔や表面麻酔を使い、痛みを感じないように配慮されています。状態により、麻酔専門の医師が参加することも。また、歯科治療が怖くて病院へいけない歯科恐怖症の人に対しては、静脈内鎮静法により眠らせ、手術をおこなう場合もあります。

麻酔が効いたら治療を開始。インプラント治療箇所の歯肉をメスで切り開き、歯槽骨をむき出しにします。ドリルを用い、むき出しにした歯槽骨に、適切な角度で孔を開け、人工歯根を埋め込み、カバーを装着。切開した歯肉を縫い合わせ、第一次治療は完了します。

3.第二次治療

第一次治療の2~3カ月後に第二次治療をおこない、上部構造を作成、装着していきます。口腔内の型を採り、模型を作成。上の歯と下の歯の噛み合わせなど、十分に機能性を考慮し、仮歯を作ります。

実際に仮歯を使用し、噛み合わせの状態などを確認。細かい調整をおこないます。1~2週間ほど仮歯を装着したまま生活をし、噛み合わせがあうまで、微調整をおこないます。歯の全ての箇所に緩みや圧迫がなく、その他問題がないことを確認の後、ネジでしっかりと固定し、治療は完了です。

4.メンテナンス

本物の歯と比べると、歯槽膿漏にかかりにくいインプラント。しかし歯槽膿漏により、埋め込んだインプラント体が抜けてしまうこともあります。そうならないためにも、日頃からのケアが大切。食後はしっかりと歯磨きをおこない、口の中を清潔に保ちましょう。

定期検診も重要。インプラント治療が完了した1カ月後に検診を受けます。最初の1年目は半年ごとの定期検診があり、噛み合わせや歯茎の状態をチェックします。

口コミ情報をリサーチ

口コミの評判から分かること

駅前のクリニックという利便性、院内の雰囲気や設備、先生の対応力。トータルに評価されている良いクリニックだと口コミから分かります。

みさわ歯科インプラントセンター春日部の基本情報

みさわ歯科インプラントセンター春日部公式サイト

引用元:みさわ歯科インプラントセンター春日部
公式サイト
http://www.misawa-implant.jp/

所在地 埼玉県春日部市粕壁1-7-1
アクセス 東武伊勢崎線・野田線「春日部駅」から東口徒歩0分
診療時間 平日 9:00~13:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~13:00 15:00~18:00
日曜日 10:00~17:00
休診日 休診日なし。お盆・年末年始などの長期休暇は要問合せ。