30代のインプラント治療

30代でインプラント治療を受けた方の体験談をご紹介。そのほか、インプラント治療と入れ歯にどのような違いがあるのかを解説しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。

30代でインプラント治療を受けた人の体験談

美しい歯に感動しました

「クリニックで治療前と治療後の写真を見せてもらった時、インプラント治療を受けて本当に良かったと感じました。治療費は高額でしたが、入れ歯よりもずっと楽で、何よりも美味しく食事ができるようになったので良かったです。一緒に前歯もキレイにしてもらい、歯の大切さが分かりました。」

歯の大切さを実感できました

「インプラント治療から1か月ほど経ちましたが、食事をする時の違和感もなく快適に噛めています。あらかじめ治療費が高いことは知っており先生に相談したところ、価格にも配慮してもらえました。それに、高い費用がかかるからこそ、歯は大切にしなければならないと思えるようになりました。」

自然で違和感がない歯を取り戻せました

「最初は麻酔をする治療に抵抗がありましたが、先生の親切・丁寧な説明で安心して手術を受けられました。術後に鏡を見て、新しい歯があることに感動したのを覚えています。全く違和感のない自然な歯が入り、本当に感謝しています。」

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違いの1つは人工歯根があるかという点です。インプラント治療では歯の根っこの代わりになる金属製の人工歯根を顎の骨に埋め込むので、人工歯をしっかりと固定できます。

入れ歯の特徴は治療期間が短く費用も比較的安い、外科的手術の必要がないことです。しかし、歯の根っこに代わる歯根がないためものを上手く噛めなかったり、食べられないものがあったりするなどのデメリットもあります。

一方でインプラント治療は治療期間がやや長く費用が高い、外科的手術をしなければならないなどのデメリットがありますが、自分の歯と遜色ない仕上がりのため食べられない物はほとんどありません。メンテナンスも入れ歯ほど面倒ではありませんし、何より仕上がりがとても美しく、ほかの治療と 比べても審美性に長けている治療法だといえます。

インプラントは非常に高い機能性を有しているため、30代で受けるのには最適な治療法です。

インプラントの耐用年数とメンテナンス

第2の永久歯とも呼ばれるインプラントは、10年経過した後の平均残存率が9割だといわれています。10年以上持つことが当たり前だと捉えられているため、ほとんどのクリニックがインプラント治療に10年保証を設けているようです。

また、定期的なメンテナンスをしっかりと行っていれば長く使い続けられます。実際にインプラント治療を受けた患者様の中には、治療から40年以上の間ずっと同じインプラントを使い続けている方もいらっしゃるようです。

【早見表】頼りになる!
埼玉県のインプラント歯科4選

埼玉県で「指導医」がいる歯科医院4院(2020年2月時点)を紹介。そのなかでも、継続的かつコンスタントに治療を行っていることが重視される日本口腔インプラント学会認定の専門医・指導医まで取得しているかがポイントです。資格に加えて、以下の項目についても調査しました。

  • 対応力…インプラント患者の8割が必要な骨をつくる手術に対応しているか。
  • 痛み対策…静脈内鎮静法を取り入れているか。
  • 正確性…フリーハンドではなく、手ブレの影響を受けない手術用ガイドを使っているか。


※日本口腔インプラント学会認定の資格有無

                                               
資格※ 対応力 痛み対策 正確性
浅賀歯科医院

公式HPを見る

専門医
指導医
たけまさ歯科

公式HPを見る

- -
安藤歯科医院

公式HPを見る

専門医 -
みさわ歯科

公式HPを見る

- - -
埼玉東部名医のいる安心してインプラント治療ができるクリニック
実績で選ぶインプラントが評判のクリニック