インプラント治療と年齢の関係

天然の歯のように美しく機能性も高いと人気のインプラントですが、治療を受けるにあたり年齢制限はあるのでしょうか?ここではインプラントと年齢の関係や年代別のポイントを紹介します。

高齢でもインプラント治療はできる?

インプラント治療に年齢制限はないため、基本的には高齢であっても治療は受けられます。ただし、高齢者の場合は手術に耐えられるだけの体力があるか、口腔状態は良好か、定期的なメンテナンスに通えるかなどの条件をクリアしなければなりません。

重度な全身疾患などを抱えていない限り治療は可能ですし、上記のような条件も対処できるものばかりです。ほかにもインプラント治療を受けるにあたりさまざまなポイントがあるため、クリニックに行く前に確認しておきましょう。

インプラントは何歳からできる?

基本的にインプラントには年齢制限がありません。そのため、20歳前後の若者でも歯を失った場合にはブリッジや入れ歯と同様に、インプラント治療も受けられます。ですが、20歳以下の人の場合はインプラント治療を避けるケースが多いようです。

インプラント治療を行う場合、インプラントの土台となる部分を顎の骨に埋入しますが、顎の骨の成長が終わるのには個人差があります。顎の骨が成長しきる前に治療を開始すると、歯並びや見た目が不自然になってしまう可能性が…。そのため、20歳前後でインプラントを受けたい場合は医師による適切な診断を受けて、治療開始のタイミングを相談する必要があります。

つまり、インプラント治療の可否は年齢よりも顎の骨の成長が完了しているかどうかが重要になるのです。これをクリアしていれば、何歳であっても治療を受けられます。

20代のインプラント治療

20代の方は顎の骨が丈夫で、手術に耐えられる体力もあるため、極度の栄養失調や持病がない限りインプラント治療を受けられます。また、入れ歯やブリッジと比べて自然な歯に仕上がるため、治療後は周囲の目を気にせず快適に過ごすことも可能です。

ただし、インプラント治療にかかる費用は高く治療費を捻出するのが難しいかもしれません。ですが、デメリットよりもメリットのほうが多いため若いうちに治療を受けて損はないでしょう。

30代のインプラント治療

第2の永久歯とも呼ばれるインプラントは、10年以上の耐用年数を誇ります。メンテナンス次第ではそれ以上の対応年数が期待できるため、30代にとって最適な治療法です。

また、入れ歯とは異なりインプラントには歯根があるため、硬い物が噛めないといったデメリットもありません。何より仕上がりが非常に美しく、審美性に長けている治療法であることが魅力です。

クリニックへ行く前に実際にインプラント治療を受けた人の口コミをチェックしておくと、治療後のイメージも湧きやすいでしょう。

【早見表】頼りになる!
埼玉県のインプラント歯科4選

埼玉県で「指導医」がいる歯科医院4院(2020年2月時点)を紹介。そのなかでも、継続的かつコンスタントに治療を行っていることが重視される日本口腔インプラント学会認定の専門医・指導医まで取得しているかがポイントです。資格に加えて、以下の項目についても調査しました。

  • 対応力…インプラント患者の8割が必要な骨をつくる手術に対応しているか。
  • 痛み対策…静脈内鎮静法を取り入れているか。
  • 正確性…フリーハンドではなく、手ブレの影響を受けない手術用ガイドを使っているか。


※日本口腔インプラント学会認定の資格有無

                                               
資格※ 対応力 痛み対策 正確性
浅賀歯科医院

公式HPを見る

専門医
指導医
たけまさ歯科

公式HPを見る

- -
安藤歯科医院

公式HPを見る

専門医 -
みさわ歯科

公式HPを見る

- - -
埼玉東部名医のいる安心してインプラント治療ができるクリニック
実績で選ぶインプラントが評判のクリニック