HOME » インプラントとは?知っておきたい基礎知識 » 治療の流れと期間

治療の流れと期間

インプラント治療の流れや治療にはどのくらいの期間がかかるのか詳しく説明します。

インプラントの治療期間は長期的

通常、インプラントの治療期間はとても長いです。短い方でも2~3カ月。長い方では半年から1年もかかります。なぜそんなに時間がかかるのかというと、精密な検査をしてインプラントを入れるための準備期間が必要だからです。

また、手術後にインプラントがしっかりと固定するまで時間がかかります。人によって口内や骨の形も違ってきますので、処置が変わってくるのです。

期間の目安

2~3カ月で済むケース

半年ぐらいかかるケース

半年~1年かかるケース

インプラント治療の流れ

クリニックではどんな流れでインプラント治療が進んでいくのか、具体的に見ていきましょう。安全に治療を成功させるために検査や準備は丁寧に行われています。

また、複雑な治療方針を説明するためのカウンセリングや術前説明に時間をとるクリニックもあります。

  1. 初診
    まずは、患者の口内の様子を見てカウンセリングを行います。このとき、患者の希望をしっかり聞いてくれるか、医師の経験や実績はあるのかしっかり見極めましょう。
  2. 検査
    クリニックによっては初診時に行う場合もあり。顎部、口腔内のレントゲン撮影が行われます。CT撮影の設備があるところもあります。血液検査も必要に応じて行われます。医師が口内を見て歯肉や噛み合わせなどもチェックします。
  3. 診断
    すべての検査結果を見て治療方針を決定します。手術の前にどんな治療が必要なのか人によってプランは変わってきます。
  4. 術前の治療スタート
    虫歯や歯周病があるうちは手術ができないため、治療が先となります。顎の骨がインプラントの手術に適さない場合は、人工骨を入れるなどの処置が必要な方もいます。
  5. インプラント手術
    インプラントを埋め込む手術を行います。入院はなく、一般的に日帰り手術です。麻酔後に手術が行われて1~3時間程度で終了する方が多いです。
  6. 1回法の場合 2回法の場合
    インプラントの一部を歯肉から露出させるために1回で手術が完了します。インプラントが定着したら、連結部分のアバットメントを装着します。 1次手術は、歯茎を切開してから顎の骨を削り、土台である人工歯根を埋め込みます。
    3カ月~半年後のインプラント定着後、2次手術で再び歯茎を切開し、埋め込んだインプラントの頭を出して、アバットメントという連結部分の装着を行います。
  7. 抜歯・仮歯
    手術後、1週間ほどで抜歯をして仮の歯が入ります。
  8. 人工歯の制作・装着
    最終的に使われる人工歯は噛み合わせなどを確認して作製されます。インプラントと骨がしっかり定着してから装着して終了です。
  9. 来院(メンテナンス)
    インプラントを入れたら終わりではなく、定期的にメンテナンスをします。口内が衛生的に保たれているか炎症がないかなどを医師がチェックします。噛み合わせについても確認してもらいます。

インプラント治療の保証期間

インプラントは、治療後に腫れや痛みが長引くなどのトラブルが起きることもあります。インプラントと顎の骨が順調に結合しないこともあるのです。インプラントには保証制度があり、一般的に5年~10年ほど。

その間に医師が指示するメンテナンスを怠ると保証対象外となりますので、きちんとクリニックには通い続けましょう。