HOME » インプラントとは?知っておきたい基礎知識 » 手術の種類と方法

手術の種類と方法

このページでは、インプラント手術の種類や方法などを分かりやすく説明していきます。

インプラントの手術のことを理解するために

インプラントの手術について詳しくなるために、まずインプラントの部品の構造を知っておきましょう。

まずインプラントと呼ばれているのは土台部分。顎の骨の部分に埋め入れるためのネジのような「人工歯根」があります。その上に、失った歯の代わりになる「人工歯(上部構造)」をつける構造です。

基本的に、インプラントと人工歯を連結するために「アバットメント」という部品が使われています。

インプラントは、メーカーによってカタチが異なっていて、大きく2つのタイプに分けられます。それら2つの種類のインプラントは、構造の違いから手術法も異なっているということは知っておきましょう。

インプラントのタイプ
2ピース
引用元:クリア歯科東京院公式HP
http://www.yusinkai-tokyo.jp/implant/cost.html
2ピースタイプ
インプラントとアバットメントをネジで連結させるタイプ。接続部分の違いがあるため、必ず同じメーカーの同じ製品をずっと使い続けなくてはなりません。手術は1回で済む場合と2回の手術が必要なものがあります。
1ピース
引用元:クリア歯科東京院公式HP
http://www.yusinkai-tokyo.jp/implant/cost.html
1ピースタイプ
最初からインプラントとアバットメントが一体化しているタイプ。手術が1回で済みますが、アバットメントに問題が発生したら骨に固定されたインプラントも交換しなくてはならないデメリットもあります。

インプラントの手術方法

インプラントの手術はいろいろあり、クリニックによって違いますし、希望や予算に合わせて選ぶこともできます。大きく分けると2度に分けて手術する「2回法手術」と「1回法手術」があります。主流としては2回法手術が多いようです。

2回法手術

まずはじめに、歯肉を切開して顎の骨に穴を開けます。土台となる人工歯根(インプラント)を埋め込む手術が行われます。そして3カ月~半年程度時間をおいてインプラントが固定されてきたら、さらにもう一度手術が行われます。

もう一度歯肉を切開してインプラントの頭部分を出して、結合部品であるアバットメントを装着させます。その上に人工歯を装着して完了です。

1回法手術

インプラント(人工歯根)と人工歯を連結するアバットメントを一度の手術で取り付ける手術です。1ピースタイプの場合は一体となったインプラントを埋め込みます。

2ピースタイプは、まずインプラント(人工歯根)を歯肉を切開して顎に固定させてからアバットメントを装着します。

1回ですべての作業をするために時間は短縮できるものの、体には負担がかかる方法です。顎の骨の状態が良い方にしか選べない方法でもあります。

インプラントの前の補助手術とは

人によっては、インプラントの手術の前や術中に補助的な処置が必要な場合があります。土台となる顎の骨を強くしたり、周囲の状況を整えたり、インプラントを安全に固定する準備のために行われます。

この他にも、ひとりひとりの状態に合わせて医師が最適な処置や手術を提案してくれます。インプラント専門医や指導医のいるクリニックなら、こういった高度な技術力があって治療の幅が広がっていくのです。