HOME » インプラントとは?知っておきたい基礎知識 » インプラントの寿命

インプラントの寿命

こちらでは気になるインプラントの寿命についてまとめました。ほかの治療との寿命比較のほか、寿命を短くしてしまう要因や寿命を延ばす方法も紹介しています。

インプラントの寿命は10年以上

ずいぶん一般的になってきたインプラント治療ですが、入れ歯やブリッジのように正確な平均寿命はまだ測定されていません。ですが、「インプラントにした方の9割以上が10年以上問題なく使用できている」といったデータがあります。メーカーによっては10年保証を付けているところもありますし、40年以上持ったというケースもありました。

このように寿命の長さがインプラントの大きな魅力で、人気のヒミツ。また第二の永久歯とも呼ばれる所以です。

また入れ歯やブリッジの場合、ほかの歯を支えにするため負担をかける事になってしまいますが、インプラントはほかの歯に負担をかけることがありません。ほかの健康な歯の寿命を縮めることがないというのも大きなメリットです。

インプラントの修理や作り替えが必要になる最大の原因はインプラント歯周炎。インプラント歯周炎を放置して顎の骨にまで炎症が達すると、インプラントが外れたり破損したりしてしまいます。寿命を延ばすためには口腔内を清潔に保つことが大切です

入れ歯やブリッジの寿命は?ほかの治療法と比較

入れ歯の寿命

一般的に4~5年、医学的には3~5年といわれています。毎日の食事でどうしても歯部分が擦り減ってしまうので、劣化は避けられません。噛み合わせが悪くなることもあり、入れ歯の調整で対応できない場合は作り直しが必要です。

入れ歯は歯茎にもダメージを与えてしまいます。高さが合わなくなると入れ歯を厚くする調整を行いますが、最終的には作り直しになるでしょう。

入れ歯自体の劣化ではなく、作り直しが必要になるケースもあります。入れ歯は隣の歯に金具をかけて装着するため、支えになっている歯が虫歯や歯周病になったり抜歯したりすると、入れ歯自体には問題がなくてもそのまま使用することが出来なくなってしまいます。

金具をかけている歯は食事のカスや汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい状態です。丁寧なブラッシングを心がけることが、入れ歯の寿命を延ばすことはもちろん、口腔内の健康維持にも繋がります。

ブリッジの寿命

ブリッジの寿命は約7年で、入れ歯と比べると長め。ですが、やはり口腔内の状況によって寿命は大きく変化します。

ブリッジの場合は両隣りの歯を利用して装着するため、両隣の歯が健康であっても削る必要があります。健康な歯にまで負担がかかり、その歯の寿命が短くなったり、歯周病になりやすくなったりといったデメリットも。支えの歯が病気になれば、ブリッジを外して治療しなくてはなりません。

再びそのブリッジをかぶせられれば問題ありませんが、ブリッジが合わなくなったり支えの歯自体がなくなったりすると作り直しが必要に…。寿命を延ばすためには、正しいブラッシングを行って口腔内の健康を維持することが必須です。

歯の再生治療の寿命

細胞の一部や移植によって歯を再生させる最先端の治療法で、世界中で研究が進められています。

例えば自家歯牙移植などがその1つ。親知らずなどの噛み合わせに関係ない歯を移植することで、義歯よりも違和感がない自然な噛み心地・見た目が叶えられます。移植する親知らずが埋没歯(歯茎に埋まっている歯)の場合は保険が適応されることも。

自家歯牙移植の寿命の目安は5~10年程度と言われており、場合によっては10年以上持つことも。インプラントのほうが寿命は長めですが、自分自身の歯を使いたいという方はこちらを検討してみても良いかもしれません。

インプラントの寿命が短くなる原因

インプラントが使用できなくなる原因で多いのは、インプラント周囲の歯茎に強い炎症が起こりインプラントを支えられなくなる「インプラント歯周炎」という病気です。

インプラントは天然の歯と違い歯根膜がないため、炎症が起こりやすくなってしまいます。インプラント歯周炎は歯周病の10倍以上の速さで症状が進行するとも言われているのです。

また、歯根膜は歯と骨のクッションのような役割をはたしています。インプラントにはこのクッションがないため、骨やインプラント自体の負荷が強く、噛み合わせが変化してしまうことも。噛み合わせが悪くなると、インプラントが使いにくくなってしまいます。

就寝中の歯ぎしりといったクセも、噛み合わせがズレてしまう要因。早めに対処できるよう、定期的な検診で噛み合わせもチェックしてもらうことが大切です。

寿命を長くするための対処法をチェック

インプラントは適切なメンテナンスを行えば、第二の永久歯とも言われる通り、長期の利用が可能です。寿命を延ばすためには丁寧なブラッシングや正しい食生活を心掛けることが大切。

また、とくに気になることがなくても定期的に歯科医院で検診を行い、噛み合わせや口腔内の環境をチェックしてもらうことで、長く利用できるようになります。

またインプラントの寿命を長くするためには歯科医の腕も重要な要因。インプラントは保険が適用されない、高額な治療です。信用できる腕を持ったクリニックを選んで、後悔しないようにしましょう。

寿命を延ばすポイント1.定期的な通院

インプラントを利用している方は、最低でも半年に一度は通院してチェックしてもらったほうが良いでしょう。インプラント歯周炎が悪化するとインプラントを支える事が出来なくなってしまいます。

早めの対処が必要不可欠ですが、初期段階のインプラント歯周炎に自分自身で気付くのは困難。定期的に検診を行うことがインプラント歯周炎の早期発見がつながります。

また口腔内を清潔に保つにためには、専門家の意見をしっかり聞くことが大切です。正しい磨き方のトレーニングや磨きにくい奥歯のブラッシング方法はもちろん、磨き残しが多い箇所を教えてもらって自分の歯磨きのクセも知っておくようにましょう。

寿命を延ばすポイント2.正しい食生活

口腔内を健康な状態に保つには正しい食生活も必要不可欠です。ダラダラと飲み食いをすることは虫歯になりやすい環境をつくってしまいます。それは虫歯菌に糖という餌を与えてしまい、虫歯菌が活性化してしまうため。口の中に糖がある状態が長ければ長いほど、虫歯のリスクが高まります。

できれば食事やおやつのあとは歯磨きをして、口の中をキレイにするようにしましょう。すぐに歯を磨けない状況なら、お茶やお水を飲んで口の中の糖を流しておくと、それだけでも違います。

また食事のバランスも重要です、カルシウムを取れば歯が強くなると勘違いしている方もいますが、それで歯が強くなるのは乳児期の歯が生える時期ぐらい。カルシウムを沢山取るといったことで歯が強くなるということはほぼありません。

それよりも唾液の性質を良くする亜鉛歯周病予防に役立つタンパク質・ビタミンC・鉄を摂ることが、口腔内のバランスを取るうえで有効です。埼玉・越谷では食事指導も行っているクリニックもありますので、探してみると良いかもしれません。